gusyatoreをフォローする

6月2週は海外勢先物は売り、現物は買い

日経平均株価が+1440円と上昇した6/12~6/16の週は海外投資家が遂に売り越し

11週間ぶりの売り越しとなった

現物約6400億円買い越し、先物約6600億円売り越しと少しだけの売り越し

先週までのいけいけ感は収まりそう

逆に月末リバランスがやってきそう

現在CFDで日本買い、海外売りをやっているがもう少し売り優勢のポジションにしたい

トレードアイランド6月収益額
SBI証券資産評価額

昨日の保有株は小麦ETF+4.04%、トレンダーズ-3.32%、SBIリーシング-1.41%、エネチェンジ-2.30%など

下落銘柄が多数

GMOクリック証券-22560円(次回反映)、SBI証券-28800円

保有株はこちら→保有株(長期投資) 保有株(短・中期投資)

保有中
天然ガス 買い 2.312×5
欧州のロシアパイプラインからの天然ガス供給が今のままゼロなら今期の冬に備えてLNG(液化天然ガス)がかなり必要とのこと
暖冬になろうとそれなりの天然ガスの確保に動くのではないか?

CFDイギリス   売り×20 7621.2
       追加売り×10 7499.6 

CFDドイツ  売り×10 16279.9
天然ガスが高騰するなら欧州厳しいだろうとまた売りで入り直す

CFD日本   買い×10 33446円
日経平均は強いと思いこれは買いで入る

含み損益 約+10万円

株・相場情報

米国株の空売りポジション、22年以来の1兆ドル突破-巨額含み損抱え
米国株のショートポジションは1000億ドル(約14兆2000億円)余りの含み損を抱えているが、空売り投資家はポジションをさらに積み増している

空売りの多い個別銘柄はテスラアップル、マイクロソフト、エヌビディアなど

含み損が大きく膨らんでいるにもかかわらず空売り投資家が、ポジションを積み増している

それでも、投資家がショートポジションを解消する兆候はほとんど見られない

真逆の指標もあり

恐怖と貪欲指標は市場が最も楽観的になっている場所にい続けている

こんなにたくさんの空売りが入っていると言っているのに楽観している人が多い

というのが矛盾していて理解ができない

下がると思っている人が多いから空売りが多いのでは?

空売りが多い=警戒している人が多いでは?

警戒している人が多い=楽観している人が少ない

と普通はならないか?

結果 売り、買いどっちが優勢かわからない 米株価指数が触れない

6/23(金)
中国・台湾祝日・休場
08:30 日本 全国コアCPI(前年比)(5月)予想3.1% 前回3.4%
    これが前回同様3.4%だと円高・株安がきそう
    先週、植田総裁はインフレ鈍化のスピードが思ったより鈍いと発言している
09:30 日本 サービス業PMI、購買担当者景気指数(6月)(速報)
15:00 英 小売り売上高(5月)
16:00 スペ 国内総生産(GDP)前期比(Q1)
16:15 仏 製造業・サービス業購買担当者景気指数(6月)(速報)
16:30 独 製造業・サービス業購買担当者景気指数(6月)(速報)
17:00 欧 製造業・サービス業購買担当者景気指数(6月)(速報)
17:30 英 製造業・サービス業購買担当者景気指数(6月)(速報)
    ここでCFDドイツ、イギリス持っているようならちゃんとその前に考えろ
22:45 米 製造業・サービス業購買担当者景気指数(6月)(速報)
    米指標は良いもの・悪いものがでたらどう動くかわからない

引用元:世界の株価
バルチック海運指数 1216(+78)(+6.85%)
コンテナ運賃指数はこちら 引用元:株式マーケットデータ

バルチック海運指数やっぱり上げてきた

株・FX・考察

昨日の日本市場売買代金はプライム市場4兆0940億円 グロース市場3246億円と活況継続

日経平均225、マザーズ銘柄が売られTOPIX銘柄は買われる最近あまり見ない展開

出来高が多いのは継続しているためまだ強さを感じるが来週はリバランスが待っていそう

指数の売りタイミングを計りたい

AM8:30に日本消費者物価指数の発表あり

AM9:30には日本製造業購買担当者景気指数(6月)の発表あり

物価が高すぎる数字が出る場合は大きく下げることもありえると思っている

また米ドル/円は143円超える円安

まだ大丈夫だろうが為替介入がまた近いうちにあるかもしれない

5月6月アノマリー・傾向

過去収支(GMOクリック証券分)(SBI証券・アイネット証券での売買あり)

2022年 2月からトレードアイランド・スタート(投資歴は10年超)

2023年 5月+599,865円 計10,721,827円(+SBI証券約+11万円)
2023年 4月 +309,072円  計10,121,962円(+SBI証券約+7万円)
2023年 3月 +1,233円   計9,861,117円(+SBI証券約-8万円)
2023年 2月 +222,776円計9,859,884円(+SBI証券約+19万円)
2023年 1月 +6,295円計9,646,486円(+SBI証券約+5万円)

2022年の確定総収支 計+1,592,998円(2023年持ち越し約+20万円)(配当金別)

2022年 12月 +346,585円   計9,640,191円(+SBI・アイネット証券約+25万円)
2022年 11月 -309,525円  計9,245,774円(+SBI・アイネット証券±ほぼ0円)
2022年 10月 -233,426円  計9,553,435円(+SBI・アイネット証券±ほぼ0円)
2022年 9月 -70,862円   計9,786,861円(+SBI・アイネット証券±ほぼ0円)
2022年 8月 +366,536円   計9,864,812円(+SBI・アイネット証券±ほぼ0円)
2022年 7月 +413,399円   計9,498,276円
2022年 6月 -36,463円    計9,063,396円
2022年 5月 +51,888円   計9,073,711円
2022年 4月 +314,833円   計9,009,823円
2022年 3月 +1,074,752円  計8,694,990円(+SBI・アイネット証券-約50万円)
2022年 2月 +106,286円   計7,639,002円

GMOクリック証券口座開設の方はトレードアイランド「愚者トレ」検索で収支が見れます

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

勝ってる投資家がたくさんいる
いろんな投資家のブログを読んでみよう
株ブログランキングへ

投資における最終判断はご自身で慎重に

意識しておきたいニュース

2023/3/31 アサヒ衛陶(5341) 時価総額27億円
ベトナムの住宅・不動産開発を主たる事業とする企業事業と業務提携
東急株式会社と共同事業も手掛けている企業「DANH KHOI」
2023年4月1日から業務提携開始
今後の売上げの変化を注視したい
2023/4/19 当社が取り扱うEV急速充電器の第1号機種であります「EV・PHEV 用急速充電器 A-QUICK」が CHAdeMO 協議会による CHAdeMO 認証を取得
需要が高まっている急速充電器市場へ本格的に参入

OATアグリオ(4979)(肥料・農薬)1Q(1~3月期)が極めて強い5月1Q上方修正狙い

片倉コープアグリ(4031)(肥料・飼料)1Q(4~6月)が強い・通期弱気に出す 8月1Q上方修正狙い有効か?

ゲオ(2681)(リユース衣料、ブランド品、家電、ゲームなどとレンタル少し) 例年通期決算発表(3月本決算、5月初旬)はかなり弱気

トレンダーズ(6069)(インフルエンサーを使って化粧品や美容企業の広告をゲットする)
中計で24年度営業利益11.5億円→26年度営業利益20億円とぶち上げる
季節要因 4~6月、10~12月が強い(ただ前期23年度4~6月決算は強い 注意)

東エレデバイス(2760) 次期中期経営計画については、2024年度中に公表を予定

ブリヂストン(5108) 2023/4/1~値上げ6~8%
ゴム・原油価格は4~5月とりあえず価格低い
プラス想定為替レート2Q128円/ドル、135円/ユーロ
12月本決算で1Qは好調だった 2Q(8月上旬決算発表)は上方修正期待あり 

指標:台湾の輸出受注はISM製造業の先行指数 
   ISM製造業は鉱工業生産の先行指数
   台湾輸出受注→ISM製造業→鉱工業生産の順で予測できる

   INDEED社の求人情報を見れば、米JOLTS求人件数の予測ができる
   JOLT求人数が減少していると米株価が下がる

北京市の大気汚染PM2.5濃度を見れば中国PMI(購買担当者景気指数)を予測できる

米雇用統計を予測するとき
先月~同月のISM製造業(雇用者数)、ISM非製造業(雇用者数)、失業保険申請件数(4週平均)、ADP雇用統計、消費者信頼感指数(職探し困難か?)チャレンジャ―人員削減(一時

タイトルとURLをコピーしました